薬剤師(薬学)の本・書籍の購入サイト

服薬指導・コミュニケーション

服薬指導・コミュニケーション

 

 

 

服薬指導

 薬効別服薬指導マニュアル 第9版

薬剤師による服薬説明情報書の決定版。薬効群ごとに、服薬説明に必要な情報を「患者向け」と「薬剤師向け」に対応して記載。
主な副作用ごとの患者に確認すべき症状と対策、各薬剤の重大な副作用と妊婦・授乳婦への危険度に加え、副作用の防止や早期発見、薬剤管理指導業務など薬剤師にとって欠かせないスキルとなるフィジカルアセスメントのチェックポイントを副作用症状ごとに掲載。

定価(税抜)

6400円

発行年月

2018年6月

発行元

じほう

 服薬指導のツボ 虎の巻 第3版

薬局でよく遭遇するメジャーな27疾患をカバー。
第3版では不整脈、心房細動、心不全の3疾患を追加。循環器疾患の服薬指導に力が付きます。服薬指導にすぐに活用いただける薬剤師必携の一冊です。

定価(税抜)

9800円

発行年月

2018年4月

発行元

日経BP社

 極める!小児の服薬指導

小児の「かかりつけ薬剤師」にこの一冊!
患児に適した薬用量、剤形、薬の飲ませ方など、小児の調剤・服薬指導には特有の難しさがあります。その服薬指導のポイントを、現場に立つ小児薬物療法認定薬剤師がアドバイスします。お薬手帳に貼って使えるお役立ち 患者指導箋が、保護者に好評です。

定価(税抜)

5800円

発行年月

2018年2月

発行元

日経BP社

薬剤師業務の基本[知識・態度]第3版 上

写真や図が豊富でわかりやすいと薬学生,新人薬剤師に大好評の教科書を,改訂薬学教育モデル・コアカリキュラムに対応して改訂!CBT対策に役立つ演習問題も掲載!過去の薬剤師国家試験の出題内容も反映.

定価(税抜)

3800円

発行年月

2017年11月

発行元

羊土社

患者指導のための剤形別外用剤 Q&A

外用剤は内服剤と異なり、使用方法に注意が必要なものが多く、患者が適正に使用していないケースが多い。最近,アドヒアランス向上や副作用軽減を目的とした外用剤が開発され、製剤技術が向上し注目を集めている。そこで、本書では外用剤の使用にあたり臨床現場でよくある質問や、注意が必要なポイントを簡潔にまとめた。

定価(税抜)

2500円

発行年月

2017年10月

発行元

南山堂

患者さんにみせて伝える吸入・点鼻・自己注射薬

吸入・点鼻・自己注射薬におけるデバイス薬剤に関する服薬指導箋や各領域の標準的治療をまとめた実用書。特徴は、各デバイス薬剤の服薬手順を共通化し、一目で類薬の手順もつかめる点にある。また、服薬手順書も掲載し、詳細な服薬手順も確認できる。喘息、COPD、インフルエンザ、花粉症、糖尿病、リウマチの標準的治療法も解説。デバイス薬剤の服薬指導に欠かせない一冊。

定価(税抜)

4800円

発行年月

2017年10月

発行元

南江堂

どうしても飲めない高齢者 どうしても飲まない小児への必ず成功する服薬指導

調剤と情報2017年1月臨時増刊号(Vol.23 No.2)
高齢者や小児をはじめ、服薬アドヒアランスが低下するパターンごとに、薬剤師に求められる対応を解説。

定価(税抜)

2200円

発行年月

2017年1月

発行元

じほう

× ×
メカニズムから見る 吸入デバイスのピットホール

喘息・COPD吸入療法の患者指導に必携!
気管支喘息・COPDの吸入療法を、吸入デバイスの視点からアドバイス。

 

定価(税抜)

4500円

発行年月

2016年10月

発行元

日経BP社

THE薬学的管理 臨床検査値を活かした処方監査と服薬指導

千葉大学医学部付属病院で実際に使用されている検査値つき処方箋のうち、疑義照会が頻回である症例とプレアボイドすることで深刻な事故を防ぐことができる症例を分野ごとにまとめ、解説しています。解説はベテラン薬剤師と若手薬剤師の会話形式で進行し、流れに沿っていて優しく理解できます。処方監査や服薬指導のポイント、症例ごとのまとめの解説を記載し、要点がわかります。

定価(税抜)

3700円

発行年月

2016年10月

発行元

薬事日報社

患者吸入指導のコツと吸入デバイス操作法のピットホール 改訂4版

患者の加齢現象・個性・生活スタイルを把握し、いかにして吸入療法を成功させるか−吸入指導のスペシャリストである著者が、満を持して贈る改訂4版!

定価(税抜)

4600円

発行年月

2015年9月

発行元

医薬ジャーナル社

小児科領域の服薬指導Q&A 改訂版

前版から5年。新規薬剤情報を盛り込み内容を一新!
子どもに薬を飲ませるときに直面する、さまざまな疑問や不安−。また、薬剤師が服薬指導の際によく受ける質問について、要点をまとめて的確に回答。

定価(税抜)

4800円

発行年月

2014年12月

発行元

医薬ジャーナル社

患者さん目線で見た、吸入指導の実際とピットホール 改訂版

患者さんと一緒に見るだけで出来る吸入指導DVD付き。
あらたに発売された臨床上重要な数種類の吸入薬を加え、実際の臨床現場で著者が経験したさまざまな“ピットホール”をDVDで忠実に再現!患者と真摯に向き合い、豊かなコミュニケーション力をほこる著者ならではの斬新な切り口による解説が満載!

定価(税抜)

4600円

発行年月

2014年4月

発行元

医薬ジャーナル社

乳幼児・小児服薬介助ハンドブック

「おくすりを上手に飲まるせるために」すぐに役立つ1冊!
くすりの味やにおいが原因で、乳幼児や小児への服薬説明で困ったことはありませんか?本書は、小児科領域で使用される薬剤145成分について、全国30こども病院の看護部・薬剤部の与薬工夫事例を集積した初の情報集です。ジェネリック医薬品を含む各製剤の味やにおいの情報を網羅したほか、小児科領域の重要な疾患とその薬物療法についても解説を加えました。

定価(税抜)

3600円

発行年月

2013年11月

発行元

じほう

喘息・COPDの薬と患者指導・支援

イラストを多用し、患者指導にも活用できる1冊!
本書は、喘息・COPDの病態や薬のメカニズム、吸入療法のポイントなどをイラストでわかりやすく解説してあるため、そのまま患者指導にもご活用いただけます。

定価(税抜)

2400円

発行年月

2013年8月

発行元

じほう

ここが知りたかった向精神薬の服薬指導

服薬指導に苦手意識を持ってしまいがちな向精神薬。エキスパート薬剤師は、処方せんから疾患や症状を推測し、その処方の背景、患者の様子、聞き取りなどから情報を絞り込んで、服薬指導に繋げている。本書では複数回来局も含めた具体的処方例を満載し、“プロ”の思考過程が体感できる。向精神薬の服薬指導の流れがわかり、自信を持てる待望の一冊。

定価(税抜)

3200円

発行年月

2012年10月

発行元

南江堂

スキルアップのための糖尿病の服薬指導

本書では糖尿病の基礎知識から日常業務に必要な服薬指導のポイントまでを、一般的なケーススタディをとり上げ「入院編」〜「薬局編」へとわかり易く解説。患者さんへの心理的アプローチにも触れ、用語解説やQ&Aも充実した今すぐ役に立つ1冊。

定価(税抜)

2400円

発行年月

2012年7月

発行元

南山堂

精神科領域の服薬指導Q&A 改訂版

前版から3年、精神科治療で使用される薬物などの最新情報を、Q&A形式で詳述!
第一線で活躍する精神科の医師、薬剤師により、医療現場での薬物治療の疑問をポイント、ミニコラムを交えてわかりやすく解説。

定価(税抜)

3800円

発行年月

2012年3月

発行元

医薬ジャーナル社

腎疾患の服薬指導Q&A 改訂版

初版から4年,Q&Aを強力にサポートする「ポイント」,「ミニコラム」,「理解度テスト」のスタイルはそのままに,数量大幅アップで,なおいっそう充実。専門・認定薬剤師取得の入門書として,また腎臓病の初期から透析までCKD(慢性腎臓病)に対する薬物療法の理解を深めるマストアイテム!

定価(税抜)

4700円

発行年月

2012年3月

発行元

医薬ジャーナル社

×
診療科別 処方チェック・疑義照会ケーススタディ

本書は、診療科ごとのさまざまな処方に対し、患者への聴き取りで得られた情報を糸口に、用法・用量、併用注意・禁忌、重複投与、副作用の発現などのリスクポイントを見抜く力を身につけられるよう、具体例を元に解説。適応疾患と処方薬の基礎知識を押さえたうえで、医師の処方意図を理解し、疑義照会を通して薬剤師としての視点をいかに伝えるか、実際の会話例を交えてわかりやすく解説していきます。

定価(税抜)

2800円

発行年月

2011年12月

発行元

じほう

スキルアップのための服薬指導サブノート

服薬指導のバイブルの改訂4版!!
最新の医薬品・診療ガイドラインなどの情報を追加し、話題となっている「精神科関連」「抗がん薬」なども加えた。薬剤師に必携の一冊。

定価(税抜)

2500円

発行年月

2011年9月

発行元

南山堂

生活機能と薬から見る体調チェック・フローチャート解説と活用第2版

薬の変更がない慢性疾患の患者さんに何を継続して観察すればよいのか?患者さんの暮らしを切り口にした具体的な質問事項をもとに、フローチャートでアセスメントの流れを解説!本書は、「食事」、「排泄」、「睡眠」、「運動」、「認知機能」の5領域ごとに、患者さんの言葉から薬学的にアセスメントするヒントをまとめました。また、章ごとに確認問題を設け、理解度を確認しながら学習できます。

定価(税抜)

2000円

発行年月

2011年8月

発行元

じほう

服薬指導のリスクマネジメント4

リスク回避のための服薬指導のコツを学べる「ヒヤリハット事例100」に加え、患者さんのよくある勘違いや、驚きの生活習慣などを集めた「ショートエピソード」も100件紹介。これまでにはなかった事例を惜しみなく公開。より多くの事例から、患者の勘違い・癖・生活習慣などを知り、トラブルの減少につなげることができます。

定価(税抜)

3500円

発行年月

2011年8月

発行元

日経BP社

調剤と服薬指導ガイド

調剤、監査、服薬指導の流れやポイントが写真やイラストを用いてまとめられており、薬局や病院での薬剤師業務の基本をわかりやすく解説した1冊。薬剤師が業務の再確認をする際や、学生の実習指導を担当される場合にも役立つ内容となっている。

定価(税抜)

3200円

発行年月

2011年3月

発行元

学研メディカル秀潤社

妊婦・授乳婦のための服薬指導Q&A

妊婦・授乳婦への的確な服薬指導のために。患者からよく聞かれる質問を厳選、Q&A形式で模範解答例を示した、臨床現場ですぐに役立つ一冊。

定価(税抜)

3800円

発行年月

2010年11月

発行元

医薬ジャーナル社

緩和医療における服薬指導Q&A

オピオイドの基礎知識から各薬剤の特徴、使用法、副作用対策まで、緩和医療の現場で遭遇する様々な問題を、臨床経験豊富な薬剤師がQ&A形式で解説!

定価(税抜)

3400円

発行年月

2010年10月

発行元

医薬ジャーナル社

服薬指導のリスクマネジメント3

リスク回避のための服薬指導のコツを学べる「ヒヤリハット事例」に加え、新たに、患者のよくある勘違いや、驚きの生活習慣などを集めた「ショートエピソード」を100例を追加。後発医薬品にまつわるヒヤリハット事例を重点的に収録。

定価(税抜)

3500円

発行年月

2010年8月

発行元

日経BP社

高齢者への服薬指導Q&A

高齢者に薬物投与を行うときの問題点をQ&A形式で解説。医療従事者・福祉関係者に大いに役立つ一冊。

定価(税抜)

3200円

発行年月

2010年8月

発行元

医薬ジャーナル社

眼科領域の服薬・用法指導Q&A

近年進歩を遂げる眼科の治療や技術、薬剤について、Q&A形式に加え、ポイント、ミニコラムなどでわかりやすく解説。

定価(税抜)

3200円

発行年月

2009年2月

発行元

医薬ジャーナル社

日経DIクイズ 服薬指導・実践篇 10

「日経DI」2007年10月号から2008年9月号に掲載の48題(うち24題は有料版「日経DI Premium」のみに掲載)を再編集。新たに書き下ろしを加え、全60題を掲載しています。

定価(税込)

5040円

発行年月

2008年10月

発行元

日経BP社

服薬指導のリスクマネジメント2

澤田康文著の大好評書籍、第2弾です。前作同様、不十分・不適切な服薬指導が原因となり、実際に起きた「ヒヤリハット事例」と薬学的知識に基づき、ミスを回避するために必要な指導のコツや指導例を解説します。患者は薬剤師の思いもよらない行動をする場合があることを認識できる一冊です。

定価(税込)

3703円

発行年月

2008年7月

発行元

日経BP社

日経DIクイズ 服薬指導・実践篇 9

日経DI 2006年10月号〜2007年9月号に掲載した48題(うち24題は有料版「日経DI Premium」のみに掲載)を再編集。新たに書き下ろしを加え、全60題を掲載しています。

定価(税込)

5040円

発行年月

2007年10月

発行元

日経BP社

「患者インタビュー」虎の巻 改訂版

投薬時に必ずチェックしたい患者情報を78の薬効別に解説。患者さんが回答しやすく過不足のない情報を収集するための初回質問票の実例から、2回目以降の投薬時に確認すべき服薬状況や服薬中の体調の変化、副作用症状など、“これだけはチェック!”すべきポイントを提示。

定価(税込)

6994円

発行年月

2007年4月

発行元

日経BP社

日経DIクイズ 服薬指導・実践篇 8

日経DI 2005年10月号〜2006年9月号掲載のクイズを再編集、書き下ろしを加えた全50題を掲載。また、第一線の臨床医が薬剤師向けに解説する「症例に学ぶ 医師が処方を決めるまで」と「これだけは押さえたい!高齢者への服薬指導のツボ」も収載しています。

定価(税込)

4937円

発行年月

2006年10月

発行元

日経BP社

日経DIクイズ 服薬指導・実践篇 7

日経DI 2004年10月号〜2005年9月号に掲載したクイズを再編集。新たな書き下ろしを加えた全55題と、第一線の臨床医が薬剤師向けに解説する「症例に学ぶ 医師が処方を決めるまで」を収載。

定価(税込)

4937円

発行年月

2005年10月

発行元

日経BP社

服薬指導のリスクマネジメント

本書は、著者が独自に全国の薬剤師から収集した「ヒヤリハット事例」(事故には至っていないものの、ミスに気づいてヒヤリとしたり、ハッとした例)の中から、服薬指導の内容に問題があった123件を紹介。

定価(税込)

3703円

発行年月

2005年8月

発行元

日経BP社

「服薬マネジメント」虎の巻 上巻

服薬指導で、患者の訴えから何を考え、どう行動すべきかを示した服薬指導の実践書。
薬効群ごとに、薬剤情報と、患者の訴えからすべき対応策を記載した「服薬マネジメント」の欄があります。

定価(税込)

4525円

発行年月

2004年11月

発行元

日経BP社

「服薬マネジメント」虎の巻 下巻

服薬指導で、患者の訴えから何を考え、どう行動すべきかを示した服薬指導の実践書。
薬効群ごとに、薬剤情報と、患者の訴えからすべき対応策を記載した「服薬マネジメント」の欄があります。

定価(税込)

4525円

発行年月

2004年11月

発行元

日経BP社

日経DIクイズ 服薬指導・実践篇 6

「日経DI」に連載の服薬指導や疑義照会に関するクイズ(03年9月号〜04年8月号までに掲載された41題と新たに書き下ろした9題を加えた計50題)と、専門薬剤師による書き下ろし「指導が難しい薬の服薬指導」、臨床医が処方を決めるまでの思考の流れを明かす「医師が処方を決めるまで」を収録。

定価(税込)

4937円

発行年月

2004年10月

発行元

日経BP社

日経DIクイズ 服薬指導・実践篇 5

日経DI本誌 2002年9月号〜2003年8月号掲載の39題に、書き下ろし11題を加えた、全50題を収載。

定価(税込)

4937円

発行年月

2003年10月

発行元

日経BP社

 

一番上に戻る

 

臨床判断・OTC販売

 よくわかる一般用医薬品 第2版

一般用医薬品の『ナゼ、ドウシテ』がよくわかる!
一般用医薬品・要指導医薬品の有効成分について、その性質や働き、配合される薬効群・製品例、副作用などを図表やイラストを用いてわかりやすく解説。薬剤師や登録販売者に求められている一般用医薬品の知識の習得に役立つ1冊です!

定価(税抜)

2600円

発行年月

2018年9月

発行元

薬事日報社

 ここが知りたかった薬局で気づく疾患シグナル

保険薬剤師が来局者の『疾患シグナル』を認識し、適切に対処できるよう、症例を用いて解説。ベテラン薬剤師・新米薬剤師・患者の会話形式で、『疾患シグナル』の聴き取りや情報提供のコツがよくわかる1冊。

定価(税抜)

3200円

発行年月

2018年3月

発行元

南江堂

OTC医薬品販売のエッセンス 第3版

コミュニケーション事例をもとに、OTC医薬品販売時におけるポイントを徹底解説!
「どんなことをヒアリングし、どのような製品をすすめたらよいか?」の疑問に答えています。登録販売者の方にはもちろん,薬剤師の方にも必携の1冊。

定価(税抜)

3500円

発行年月

2017年12月

発行元

じほう

健康サポート薬局・かかりつけ薬剤師のための 臨床判断ハンドブック

経験豊富な内科医が解説した臨床診断の指南書。
地域の健康相談役ともいえるかかりつけ薬剤師に必要な病気の前兆の見分け方や受診勧奨のポイントを具体的かつわかりやすく解説している一冊。
「発熱」「咳」「頭痛」「腹痛」「しびれ」「腰痛」「冷え」など12の症状について具体的確認事項と臨床判断の進め方を簡潔にまとめています。

定価(税抜)

2400円

発行年月

2017年11月

発行元

じほう

続 処方せん・店頭会話からの 薬剤師の臨床判断

患者情報に基づく薬剤師としての判断(=臨床判断)のセンスが磨ける!
「処方せん・店頭会話からの薬剤師の臨床判断」の続編。前作同様、薬局店頭でよく遭遇する事例を取り上げ、処方せんや患者との会話、患者情報から薬剤師視点で考えるプロセスを解説。

定価(税抜)

2400円

発行年月

2017年9月

発行元

じほう

Dr.林&Ph.堀の 危ない症候を見分ける臨床判断 Part2

医師・薬剤師の会話でわかる、危ない症候のみかた、聴き方、考え方。
「頭痛」や「腹痛」などを取り上げたPart1に続き、Part2では「発熱」や「めまい」などの初期症状や対策のコツを解説。学会やセミナーで大人気の講師2名から患者対応のエッセンスを学べる貴重な1冊です。

定価(税抜)

2000円

発行年月

2017年8月

発行元

じほう

総合診療医が教える よくある気になるその症状

セルフメディケーションの流れを受け、薬局や在宅医療の現場ではいま、患者の症状を正しく判断することが求められています。本書では「薬局でよく聞かれる症状」、「聞かれて困る症状」として、かぜ、痛み、消化器症状、めまい、倦怠感を取り上げ、症状の特徴やレッドフラッグサイン(重篤な疾患を疑う危険な徴候)をイチから解説。病院受診のタイミングがよくわかります。

定価(税抜)

2600円

発行年月

2015年11月

発行元

じほう

アルゴリズムで考える薬剤師の臨床判断

薬剤師による「臨床判断」とは、心身の異常や症候を訴える来局者の健康相談に適切に対応し、疾患や病状を推測した上で緊急対応、受診勧奨、OTC薬の推奨、生活指導などから妥当な対応方法を選択(トリアージ)する、この一連の臨床推論・判断の流れである。
本書は、薬局で活用できる臨床判断アルゴリズムをもとに12症候の臨床判断を解説した。

定価(税抜)

2800円

発行年月

2015年9月

発行元

南山堂

Dr.林&Ph.堀の危ない症候を見分ける臨床判断

患者対応でよく遭遇するさまざまな疑問を、NHKの「総合診療医ドクターG」にも出演され、救急の第一線で活躍するDr.林がクリアカットに解説。百戦錬磨の医師・薬剤師ならではの掛け合いを読み進めるうちに、命に関わる危険なサインの見分け方が身につきます。オールカラーで、要点がひと目でわかるイラストが満載。

定価(税抜)

2000円

発行年月

2015年6月

発行元

じほう

ここが知りたかったOTC医薬品の選び方と勧め方

さまざまな症状を訴えて来局する相談者にぴったりのOTC医薬品を選ぶために、新米薬剤師が奮闘するシナリオ形式。ベテラン薬剤師のアドバイスつきで、相談者の症状の聴き取りからOTC医薬品の選択、情報提供のコツなどがよくわかる。

定価(税抜)

3200円

発行年月

2013年9月

発行元

南江堂

薬剤師による 症候からの薬学判断

顧客の訴える症状別にその原因や特徴、対処法などをわかりやすく解説。
ケーススタディを用いて、薬剤師・医師それぞれの視点からの見解や、受診勧奨のポイントをまとめ、注意すべき事項がわかります。

定価(税抜)

4600円

発行年月

2013年7月

発行元

じほう

 

一番上に戻る

 

コミュニケーション

 基礎から学ぶ!行動科学

新・薬学教育モデル・コアカリキュラムに対応!
薬学生や薬剤師が患者や他の医療職と適切な関係性を築くために知っておきたい「行動科学」の基礎知識、その応用法、そして患者の行動変容を促すための技法をケーススタディーからやさしく学べるテキスト。

定価(税抜)

2800円

発行年月

2018年4月

発行元

薬事日報社

医療職が部下に悩んだら読む本

上司力アップで部下が変わる!
医療経営コンサルタントの裴英洙氏が、病院・診療所の院長や部長、看護師長、事務長などの管理職向けに執筆したマネジメント本の第2弾。今回は、"人"のマネジメントに焦点を当て、医療現場で深刻な「部下の離職」を食い止めるために必要な"上司力"の高め方について分かりやすく具体的に紹介している

定価(税抜)

2400円

発行年月

2016年12月

発行元

日経BP社

医療職が部下を持ったら読む本

病院・診療所の管理職必読の書!
「ついに○△長になってしまった・・・」
医師でMBAホルダーの裴英洙氏が、管理職の心得をわかりやすく解説

定価(税抜)

2400円

発行年月

2014年7月

発行元

日経BP社

医療スタッフ接遇・トラブル対応ABC

職員研修に最適!“ありがち”なNG例を交えながら、接遇・トラブル対応の基本を学ぶ!
●スタッフの教育・研修に!●トラブル対応策の検討に!●自院の危機管理に!

定価(税込)

34560円

発行年月

2013年10月

発行元

日経BP社

 

他職種連携
 ポリファーマシー見直しのための医師・薬剤師連携ガイド

ポリファーマシーによる薬物有害事象の回避、服薬アドヒアランス改善などの薬物療法の適正化を、医師と薬剤師がどう連携して進めるか、見直しのポイントとその連携・対応についてまとめた。臨床現場ごとの使えるアクションチャート付き!

定価(税抜)

2400円

発行年月

2018年6月

発行元

南山堂

がん治療の薬薬連携(CD-ROM付)

「備蓄のない支持療法薬の処方せんが突然来たら、どうすればよい?」「支持療法薬を提案するタイミングはいつ?」など、保険薬剤師や病院薬剤師からの疑問や悩みを段階別に掲載。付録CD-ROMには、病院から保険薬局への情報ツールとして使用できる「お薬手帳シール」や調剤時に便利な「副作用チェックシート」のデータを収録。明日からの業務に役立つ知識とツールが満載。

定価(税抜)

3200円

発行年月

2016年3月

発行元

南江堂

チーム医療による周術期管理まるわかり

多職種連携のために,まずは各スタッフの仕事を知ろう!麻酔管理から薬剤管理,栄養管理,口腔機能管理,リハビリテーション等について,各役割ごとに術前?術後管理のポイントを押さえてやさしく解説した入門書!

定価(税抜)

3400円

発行年月

2015年6月

発行元

羊土社

病棟薬剤業務ハンドブック

病棟薬剤業務の改善点を洗い出し、業務の質と効率を上げるために必要な対策について、具体的な事例・文書を多数紹介しながらわかりやすく解説。多忙な病棟業務を個人の力量で解決するのではなく、業務を標準化してチームで対応し、患者情報の収集、他職種との連携、処方提案などにスムーズにつなげるためのポイントがわかります。また、病棟業務に慣れていない新人薬剤師が陥りやすい「つまずき」とその解決法も紹介。

定価(税抜)

2400円

発行年月

2014年6月

発行元

じほう

 

クレーム対応
 介護現場のクレーム・トラブル対応マニュアル

未熟なケアが仕事を増やし、トラブルを招く元凶となっている。トラブルを減らし、クレームを遠ざけるためのケアの基本を解説するとともに、組織としての防止法・対応法も具体的に提示。

定価(税抜)

2500円

発行年月

2018年2月

発行元

ぱる出版

結局、病院のクレーム対応は最初の1分で決まる!

「明日からクレーム担当になって」と言われた人のゼロからできる基本と実践の入門教科書。スピーディーに対処するための初回クレーム対応のコツ。どんなきついクレームも丸く収める口のきき方の基本など。クレームをクレームで終わらせず、病院経営に活かすためのノウハウがわかる入門書。

定価(税抜)

2500円

発行年月

2016年12月

発行元

ぱる出版

 

 

 

一番上に戻る

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ ジャンル別に探す 日薬斡旋図書 雑誌購読 お問い合わせ