薬剤師(薬学)の本・書籍の購入サイト

推薦図書

くすりの図書館の推薦図書(おすすめ)

新刊書籍については、発行から約1年までの薬学部・薬剤師向けの出版物についてを掲載しています。

本・書籍の下にある、『amazon』、『楽天』、『紀伊国屋』の購入ボタンから各ネット書店で購入が可能です。

 

検体測定室ハンドブック

・この一冊で、検体測定室の開設から運用まですべてがわかる!
・届書、準備が必要な書類、帳票類がダウンロードできる!
2014年4月、「簡易な検査(測定)」が行える場所を「検体測定室」とし、「検体測定室に関するガイドライン」にて検体測定事業の実施に関する手続き、留意点等が示されました。検体測定事業への参入が相次ぐなか、いまだガイドラインが遵守されていないとして自己点検の実施を求めた通知も発出されているところです。本書は、ガイドラインを遵守し、検体測定事業を適切に運用できるよう、必要となる事前準備、行政手続きから、関係団体との連携や、検体測定室の衛生・安全管理、測定機器の保守管理・測定手順の整備、受検者の承諾書徴取・測定値報告などの測定業務の工程まで詳細に解説しています。検体測定室の開設および運用に必携の1冊研修の教本としても最適

定価(税抜):2700円 発行年月:2015年8月 発行元:じほう

薬局マネジメント3.0

市場は大きく変化している。薬局・薬剤師が本来もつべき役割と機能を洗い出せば、地域で存在感のある薬局の未来モデルや戦略・戦術が見えてくる。
序章  小規模保険薬局の経営資源を考える
第1章 薬局を取り巻く市場環境の変化を読む
第2章 「調剤薬局」を再定義する―薬局2.0〜3.0の検証
第3章 自局の立ち位置を認識し、独自の戦略を描く
第4章 薬局マネジメント3.0の実践に向けて―薬剤師3.0への道標
第5章 「薬局3.0」への活路を拓く5つのアクション
第6章 「薬局3.0」実現のためのマネジメントサイクル
第7章 新たな医療サービスの創造とイノベーション

 

定価(税抜):2800円 発行年月:2015年7月 発行元:評言社

 

一番上に戻る

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ ジャンル別に探す 日薬斡旋図書 雑誌購読 お問い合わせ